懐かしく新しい不安感を買いました

Pocket

「ニンテンドークラシックミニファミリーコンピュータ」という、
”見た目ファミコン”が今のテレビにHDMIケーブルでつなげ、電源もテレビについているUSBから給電するだけで内蔵の30本が遊べるものが任天堂から公式で発売されたので、発表初日にAmazonで予約してて昨日届きました。

img_6615

一言でいえばこれは超リアルです。
(*´д`*)では、どこがミミタンには超リアルだったのでしょう。

ミミタンのお家は30年前、ミミタンが生まれた時にはファミコンがえんじ色のボディのブラウン管テレビに、もじゃもじゃ針金ケーブルをネジ止めでついていて。
手の届かない高い台の上にあったラックにソフトが並んでいました。

わりと乱暴な出会いで、第一印象は怖く、ミミタンが自分で初めて自主的にテレビゲームをしたのは小学校に入ってスーパーファミコンが発売されてからです。

それまでは父のライブラリに並んでいるものを、時々コントローラーを渡されて訳も分からずマリオは死ぬ状態でした。あと女神転生のマップの手書きか何かのコピーしたものが大量に居間に並んでいて、何か分からなかったのでそれも嫌だったのをよく覚えています。
今思えば、そこまで父はゲーム好きだったかな?、とも思い出ます。けどペルソナとか与えたらハマるのかも。ポケモンGO、そろそろ全部集めそうな勢いですし。もう勝てないです。

閑話休題で今ではアーカイブなどで古いタイトルも遊べますが、古いタイトルは今遊ぶと、やっぱり遊びにくいのです。新しいハード上では難易度が違うというかそもそも当たり判定がいきなり死に繋がるとか。あと大きいのがアーカイブは新しいハードから呼び出して使うので、当時の「雰囲気」は再現に限界があるのです。

雰囲気。
これがこの商品の一番のキーワードなんではないでしょうか。

それは電源を入れて、最初にマリオを遊んだ瞬間にわかります。

「ケーブルそんな引っ張ったら(バグって)止まっちゃうよ」
「本体と同じテーブルに肘ついたら止まりそう」

この感じ。

img_6619 今のハードでも読み込んでいる時に横で
ドンドン!!ダンダン!!
反復横跳びしたら音とかは飛ぶかもしれないですけど、これはたぶん、それより何も起きない作りになっているとは思うんです。

3DSとかのバーチャルコンソールとかも揺すったらバグることもないわけで。

でもこの見た目にゲームが入っていると、
振動を与えないか、無意識にそわそわしてしまう。
こたつのテーブルの上に置いてますけど、もう、不安定すぎて壊れないか不安なくらい。

そういう当時の感覚を思い出すこと自体が懐かしく、そういうアイテムなのです。
ヾ(*´∀`*)ノ
コントローラーの振動機能よりリアルな、無意識の、「引っ張るな、肘つくな」の感覚が脳からゾクゾク出ます。

逆に当時を知っていないと、きっと、絵は今のゲームに物足りないですし、HDMI、USB給電と簡単になっていながらも線が目立つので、かっこよくはないんで、

 

と、延々書きましたが、全然違うんですね。
それだけの要素ではなかったのです。

うちの子は新しいゲームとして接していました。
普通に遊んで、見た目がどうではなく、同じのをボス戦だけでも作れる?とか聞いてきます。
「お前は全部無理だけどせめてボス戦だけに絞ったら作れるだろうよ」、そういう意味の質問です。

(‘A`)

確かに30年前に同じ環境があったとして、カービィ作れたかといえばそうじゃないんで…とりあえず、今同じような動きを作ることはできるかもしれな…いや作れないし…でもできないとか言ったら、不可能なのかと思わせちゃうし…iOSで思うように動くものは作れるけど、動きはともかく本質は全然違うんじゃとか考えたら、自分の人生がなんか不安になったので、その辺、リアルな商品だなぁと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。