月曜日の旅行

Pocket

( 大好きな稲川淳二氏風でいきます(`・ω・) )

※「—」はダッシュ記号です

今週の月曜日のことなんですけどね、—えぇ—。
知り合いの会社員の方に聞いた話なんですが—。

その方、何でも東京まで、少し遠いところから通っているっていうんで—毎日、新幹線を使ってるんですよね—。

値段は高いですけど、快適なところも多い、とか言って。

で、—ある日の月曜日も仕事が終わって、ひどく眠かったそうです。
疲れてましたが、いつもと同じように帰りの新幹線に乗ったんですね—。

新横浜を過ぎると、もうすぐ降りる駅なんで、これもいつも通り、降りる駅の階段の近くになる車両に立って乗ってるそうなんです。

時間でいうと25分くらいなんでね、そんなに大変じゃないんです。
雑誌とか読みながら、その日も壁にぐーっと寄りかかって。読んでた。

でも、寄りかかるところも、本当に、狭い通路なんだ—。

寄りかかってる壁が珍しく開いて人が出てきたり繰り返す—。
もともと、その奥が台所みたいになってる。それは知ってたんですけど、あれ—なんか今日は変だ、ってふと、思ったらしいんですよね。

その日は、なんか車内販売の女性が忙しそうに、ワゴンを押して往復してる。

今日は忙しいのか…。思いながらもドアになってる壁に寄りかかって、いい気持ちですよ。

でもふとね、ワゴンがかなりの頻度で前、通るんだ。
なんだか、いやなだな—今週のヒーローアカデミアいいところなのに—。ワゴンが通るたび、変な感じに足に当たるんです。
なんて思いながら新幹線は暗い線路をずーっと進んでいくんです。

30分くらい経って、ふと、気づいたそうなんですね。えぇ—。

何かおかしい。

周り誰も他に立ってないんです。しかもそろそろ速度が下がって、目的地に着くはずなのに、速度が全く落ちないんです。むしろどんどんどんどん早くなっていく。
知らない工場地帯が窓の外に見えて—えぇ—。

うわー、いやだな—と思った瞬間、はっと、気づいて、背中に冷たいものがザーッと走ったそうです。

居ちゃいけないんだから—。

居るはずがないんだ。

「ワゴンを押してる女性」なんて。

だっていつも乗る新幹線「こだま」には車内販売ないんだから。

 

その瞬間、もう汗びっしょりで、目の前を通った人にとっさに聞いたそうなんですよ—。わけがわからなくなってたからワゴンを押してた方に聞いてた。

—すると青ざめた顔で、こう言うんですよ。

「のぞみです」

すーっと意識が遠くなったそうです。

 

 

 

最後は最新作「あざらしバトルカードコレクション!!」の「あざらテレビ」のテキストをもじって締めていました。
(‘A`)でももじるとかどうでもよく、死んでしまいたかったですね—えぇ—。

おみやげのういろうは会社で受けたのと、浜松で買ったうなぎの「うなぎボーン(塩味)」は大変デリシャスでした。

「うなぎボーン(醤油味)」はがっかりするほど差があり、お電話したいと思う初めての商品でした。そのくらいの差です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。